秋商雄水会

役 員 一 覧

  ご  挨  拶

会 長  鈴 木 茂 夫                                      

img062 人間はだれしも生まれ故郷があるように心の故郷(ふるさと)を持っています。母校の秋田商業高校こそが「心の故郷」と言っても過言ではありません。なぜなら青春の大切な時期に在学し、伝統ある質実剛健の校風と諸先生の温かなご指導のもと、感性豊かな友人たちと親しく交流を重ね人間として精神的な成長に大きな影響を受けたからです。

 昨年は硬式野球部が2年連続夏の甲子園に出場しましたし、軟式野球部は全国大会ベスト4に入り国体では3位、さらに秋の東北大会でも優勝するなど大いに気を吐きました。レスリング部は団体個人共に入賞を果たしています。またサッカー部も3年振り40回目の全国大会出場をしましたが、全国優勝3回を誇るサッカー部ですから、今後全国に通用する力を付けるよう期待したいと思います。また、文化部においても全国大会出場を果たしております。

 少子高齢化の問題は県内の高校の生徒数にも大きな影響が出ており、県内の高校の統合が進んでおります。昨年4月には、能代商業高校が能代北高と統合して能代松陽高校と校名が変わりましたので、母校秋田商業高校が県内唯一の商業高校となりました。

 母校の卒業生の数は、昨年まで19,916名でこの3月の卒業生236名を加えますと、20,152名となり2万人を超えることになります。昨年、2020年のオリンピック東京大会が決まりましたが、2020年と言いますと今年創立94年目を迎える母校の100周年に当たりますので、是非オリンピックに出場する選手が出て錦上花を添えてもらいたいと密かに願っております。

 いずれ来るべき100周年に向けて学校・PTA・雄水会が一丸となって、1世紀にふさわしい成果を上げて行かなければならないと思います。母校と雄水会発展のため、今後も皆様の更なるご協力ご支援をお願い申し上げご挨拶といたします。【平成26年3月】

 

  ▽ ▽ ▽  秋商雄水会(本部)役員一覧  ▽ ▽ ▽

 

☆ 会 長

       鈴 木 茂 夫(高11期)

☆ 副会長

       相 原 政 志(高14期)

       佐々木 久 子(高19期)

       有 田 正 司(高22期)

       藤 原 芳 子(高29期)

       佐 藤 文 信(高31期)

       佐 藤 正 明(高38期)

☆ 監 事

       佐 川 欽 也(高11期)

       沓 澤 周 悦(高13期)

       泉 谷 元 久(高19期)

 

Copyright(C) Akisho-Yusuikai ALL Rights Reserved.